コラーゲンってどんなもの?

「コラーゲンは肌に良い」と言われています。
ただ、コラーゲンについて良く知らないという人も多いのではないでしょうか。

コラーゲン化粧品は良いか悪いか考える前に、
コラーゲンはどんなものなのかを知っておきましょう。

コラーゲンについて

美容と言えばコラーゲンと言われることがありますが、
コラーゲンは私たちの体にもあります。

コラーゲンはタンパク質を元に、人間の体でも作られています。

作られたコラーゲンがなにに活用されているのかというと、
私たちの肌、骨になっています。

皮膚の7割、骨の2割がコラーゲンで作られていて、
その他にも、血液や脂肪にもコラーゲンが含まれています。

コラーゲンはプルプルしているというイメージが強いでしょう。
人間の体の柔らかい部分、ハリのある部分には、コラーゲンが豊富です。
例えば、鼻や耳の軟骨のほとんどは、コラーゲンでできています。

人間の体でコラーゲンが作られる時は、タンパク質の他に、
アミノ酸とビタミンCが必要になります。

ビタミン不足の人は、コラーゲンが作られにくくなるので、
肌にハリがなくなってしまいます。

それだけでなく、皮膚、血管などの病気にもなりやすくなってしまいます。

コラーゲンは美容のためだけでなく、健康のために必要な成分なのです。

コラーゲンがどんな役割をしているのか

美容や健康のことを考える時に、
コラーゲンは具体的にどんな役割をしているのかが気になるでしょう。

美容

ターンオーバーが促進されると、皮膚の再生がしっかりと行われるようになります。
老化の原因は、ターンオーバーが遅れてしまうためです。
ターンオーバーが遅れると、シミやシワの原因になります。

ターンオーバーを活性化させるためには、ビタミンCが必要です。
それ以前に、コラーゲンが必要不可欠になっています。

肌の奥にある、真皮という部分の約7割はコラーゲンで作られています。

真皮に異常があると、ビタミンCを取り入れても、
ターンオーバーを促進することはできません。

この真皮の異常こそが、コラーゲン不足ですので、
コラーゲンをしっかりとりいれた方が良いです。

健康

人間の骨、軟骨もコラーゲンで作られています。
一般的に骨は、ほとんどがカルシウムで作られていると思われがちです。
ですが、コラーゲンも丈夫な骨を作るために重要な成分です。

実は、カルシウムはコラーゲンにくっついて骨を作っています。
コラーゲンは骨を作るための接着剤の役割をしています。

また、コラーゲンは関節部分でクッションの役割を果たしています。
コラーゲンが不足すると、ひどい関節痛に悩まされることがあります。

コラーゲンは、美容にも健康にも必要な成分になっています。
コラーゲンの基礎ができていないと、他のケアが難しくなります。

肌にコラーゲンを積極的に取り入れていくにはコラーゲン化粧品を使っていきましょう。

美容でコラーゲンがどれだけ役に立つかを考えながら、
コラーゲン化粧品の良さを知っていきましょう。

ページの先頭へ戻る